経理職の各カースト(階層)の年収と出世への影響

以前のエントリで、経理職内にカースト(階層)があることについて説明しました。現在経理職で働いている方は、自分がいる職場、または、自分のやっている仕事がどの階層なのかは概ね理解できたかと思います。

さて、これら経理職に存在する階層については、以下の特徴があります。自分の給与・出世に関わる大事な部分ですので、よく理解しておきましょう。

続きを読む 経理職の各カースト(階層)の年収と出世への影響

経理職にあるカースト(階層)について

経理職にはカースト(階層)がある

経理は専門職だから潰しが効く、と世間では良く言われています。

たしかに、それは事実の一面ではあるのですが、未経験で経理職への転職を考える人、経理職で他社への転職を考える人、いずれの人にもよく覚えておいていただきたいことがあります。それは、

続きを読む 経理職にあるカースト(階層)について

ご訪問の皆様へ

経理業界ナビでお伝えしたいこと

以下のような内容について、情報交換していきたいと考えています。

  • 経理職への転職をするには、どうすれば良いか?
  • 経理職として配属されたが、どう勉強していけば良いか?
  • 経理職の転職を成功させるには、どうすれば良いか?

経理業界ナビを開設した理由

経理職として成功する人の共通項を伝えたい

今まで何社かで経理を経験してきて、自分もそれなりの立場について、経理で採用したい人/偉くなる人ってこんなタイプの人だよね、という共通項がある程度見えてきました。伸びる人はどの会社でも伸び、好きなところに転職していきます。ただ、どうすればそう慣れるかを教えてくれる人は、あまりいないようです。

雑務を延々と押し付けられている経理屋の方を助け出したい

何社かの経理を見てくるなかで、同じ経理配属でも、会社によって、3年間で取り返しのつかないくらいの実力に差がついてしまうということもわかってきました。 ヤバい会社は、もう、本当に、将来性をドブに捨てるに等しいくらいの単純作業を1年中させたりします。語弊を恐れず言えば、そこにあるのは現代の奴隷制です。

もちろん、こういう単純仕事から身に付く能力もあります。我慢強さとか、注意深さとか。そういう仕事を通じて学んだことがあることは否定しないのですが、今はそういう丁稚奉公を5年も10年もさせて良い時代ではありません。このサイトを見て、一刻も早くそういうつまらない会社から逃げ出して欲しいと、心から願っています。

そして、人間としての尊厳が損なわれるような仕事を延々とさせる会社には、募集を掛けてもが誰も入ってきてくれなくなるようにすることで、外圧によりブラック経理職がない世の中を目指したいと考えています。

経理業界をもっと活性化させたい

この業界、正直、誰でも出来るような仕事も多々あります。そのくせ「中途採用は経験者に限るよね」というような実務経験者信仰があったりします。いくら資格を持っていても、実務経験3年の無資格者の方が優先されるようなこともあります。結果、経理職でしか働いたことがない人が大変多い業界になっていて、考え方が非常に硬直化しています。

会社のビジネスは日々変化していて、企画開発や営業の人たちは、常に新しいアイデアや顧客との接触の機会を探しています。製造の人たちは、他社との競争のなかで、もっと良いものがもっと安く作れないかと日々検討をしています。

しかし、残念ながら、経理職には、これらと同じレベルでの外圧がかかることがないため、自発的に変革を続ける経理というのは、極めて少数派です。

もっと他業界の人でも簡単に参できるようになれば、経理の常識が少しづつ変わっていき、より時勢にあった、役に立つ経理業界に変わっていくことができるのではないかと期待しています。

経理業界ナビの運営

管理人の白賀です。管理人のプロフィールはこちら

管理人について

管理人のプロフィール

初めまして。管理人の白賀です。まずは自己紹介から。

年齢:一応30代です。

学歴:私大の経済学部を5年間かけて卒業。留学ではなく、単位不足です。

職歴:経理職で転職を繰り返し、現在は、非上場のスタートアップ企業の非常勤CFOをしながら、某社でファイナンス的なことをしています。

資格:日商簿記1級と、全経のいくつかの資格を取りました。 仕事を続けながら会計士試験を受けましたが敗退しました。税理士試験は税法科目をいくつか受けましたが、落ちました。その他、あまり関係ないですが、基本情報技術者の試験に受かっています。JavaとかCで受けておけばもう少し人生の幅が広がったのにと、悔いが残ります。

語学:TOEIC800点強で、会計や税務の会議であれば対応可能ですが、相手がインド人だとホワイトボードが必須です。最初の15分くらいが聞き取れません。電話会議はいまだに苦手です。社会人1年目くらにUSエデュケーションネットワーク(現・アビタス)でUSCPAの勉強をしていたので、英文会計は大体わかります。

年収:2000万円くらいで、今のところ勝■和代のペースを維持しています。

最近読んだ本:Paul RobertsのThe Impulse Societyという本を読みました。「衝動」に支配される世界、というタイトルで日本語版も出ています。転職市場における自らの価値を考えるうえでも、非常に示唆に富んだ本です。